HOME 北野工房のまちとは
チェック!
店舗のご案内 イベント案内
チェック!
講堂のご利用 営業時間・アクセス プレスリリース お問い合わせ

「<安全安心>点字ブロックを修理しました」
12月3日(金) みっちゃん

館内にはクリスマスBGMが鳴り響き、にぎやかな季節がやってきました。ご来館者も多く来られ、今朝は大阪の中学校、小学校の皆さまが手作り体験にいらしてます。体験会場は感染症対策を実施しておりますので、ご安心して素敵な作品を作ってくださいね(^^)/



さてご来館者が増えるとともに館内メンテナンスを重点的にしているのですが、少し前に点字ブロックの補修を行いました。



角のめくれをきっちりと修理。皆さま、点字ブロックって2種類あるのご存じでしたか。今、日本テレビで放送中のドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール」で改めて知ったのですが、写真の丸い突起(点状ブロック)は警告ブロックと呼ばれて、危険箇所や誘導対象施設等の位置を示しています。ですので館内の出入口や階段の前に設置されています。



かたや直線状の突起があるものは、誘導ブロック(線状ブロック)と呼ばれて進行方向を示しています。とても大事な意味があるんですね。


先日、JR大阪駅のホームで白杖をお持ちの方をエスカレーターまでご案内した際にも、この違いの説明が役立ちました。(意外なことに電車乗降口からエスカレーターまで点字ブロックがなかったのです)「ここからは直進のブロックですよ。」「あと5mほどで丸いブロックがあって、エスカレーターの乗り口なのでご注意ください」などスムーズにご案内できて先方さまにも安心していただけました(#^.^#)


当館はバリアフリーになっており、館内使用分となりますが車椅子のお貸出しもしております。元小学校なので元々の階段ステップの高さも低めです。ご来館者の方のお体の負担が少しでも緩和されますよう、今後も館内メンテナンスを続けてまいります!