HOME 北野工房のまちとは
チェック!
店舗のご案内 イベント案内
チェック!
講堂のご利用 営業時間・アクセス プレスリリース お問い合わせ

「母の日と父の日の由来」
5月18日(火) ふーさん

<5/12からの営業時間につきまして>緊急事態宣言延長に伴い兵庫県からの要請を受けて、5/31まで平日は通常営業(10~18時)、土・日曜日は臨時休館させていただきます。ご不便をおかけしますがご理解のほどお願い申し上げます。


みなさんこんにちは。


休館中に母の日は過ぎてしまって残念でしたが、来月には父の日もやって来ます。今まで考えたことも無かったのですが、ふと思い立って何故母の日?父の日?を少し調べて見ました。


日本で母の日・父の日が定着したのは、1949年(昭和24年)ごろからで、アメリカに倣って5月の第2日曜日と6月の第3日曜日に行われるようになったとのこと。


ではアメリカはというと、アンナ・ジャービスという女性が、1907年5月12日公衆衛生運動団体を率い敵味方関係なく南北戦争で負傷した兵士の手当てや看護を積極的に行った社会活動家として生涯を終えた母親らを称え、亡き母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会を持ち、白いカーネーションを送ったことが起源となり国中で母への思いを祝う日となったとのこと。一方父の日が誕生したきっかけは、ソノラ・スマート・ドットという女性が、軍人で南北戦争から復員した後に男手ひとつで6人の子どもたちを育て上げた父親の偉業を称えようと1909年に牧師教会へ「母の日に加えて父親へ感謝する日も作ってほしい」と嘆願して1910年6月19日に初めて父の日の式典が開催されたとのことです。


ところで、みなさんは母の日プレゼントに何を贈りましたか?父の日は何を贈ろうと考えていますでしょうか?


定番のカーネーションやスイーツ、エプロン、アクセサリーなどなど買ったものにメッセージを添えるのももちろん喜んで貰えると思いますが、手作りのアクセサリーはいかがでしょうか?いつもと違って手作りのプレゼントはより深い感謝の気持ちを伝えることができると思いませんか?


当館2階の「神戸クリスタル80」ではお手軽な料金でベネチアガラスを使ったアクセサリ-の手作り体験ができます!


詳しくはこちら


当館ではその他のお店を合わせると100種類ぐらいの手作り体験を用意しておりますので、


神戸に観光などでお越しの際は是非北野工房のまちにお立ち寄りください。