HOME 北野工房のまちとは
チェック!
店舗のご案内 イベント案内
チェック!
講堂のご利用 営業時間・アクセス プレスリリース お問い合わせ

「真珠のまちKOBE」
1月21日(木) かみやん

皆さま、こんにちは。


16日に3階講堂で開催した神戸北野マルシェで展示、その後正面玄関にも展示していた神戸市からお借りしていた神戸ルミナリエの写真パネルを、神戸市役所25階の展望フロアに返却してきました。


その同じフロアに、神戸の地場産業のひとつ「真珠の加工及び製品づくり」にまつわる展示パネルがありました。


真珠の養殖場は三重県を中心に四国や九州が主な地域ですが、なぜ神戸の地場産業といわれるのでしょうか?


かつて、真珠の養殖が確立された昭和初期は真珠はとても高価で日本人にはなかなか手が届かない商品でした。


ですので国内では人気が広がらず、当時の国際港であった神戸からアメリカやヨーロッパに輸出されていました。真珠の養殖場であった三重県や四国・九州から一番近い国際港が神戸だったのです。


そして、北野を中心に真珠の選別や加工を行う企業が生まれていったのです。


また、山の南側斜面の北野は真珠の選別に適した柔らかな太陽光が安定して得られたからともいわれています。


それらの企業が集まったのは山本通りあたりで通称「パールストリート」とも呼ばれています。


タイトルの写真はその真珠一粒一粒キャンバスに乗せて兵庫県の形を表現したものです。


周りのサインはパールアートの制作に携わった方々のお名前です。



 


当館2階には、その地場産業である真珠の加工・オリジナル商品の販売のお店「ぱーるA&S」があります。


「北野工房のまち」オープン以来、ユニークかつリーズナブルな商品を作り続けており、職人が常在しお客様のご要望にこたえております。また、お手持ちのアクセサリーの修理・リフォーム・店頭商品のセミオーダー等も可能で、ピアス、イヤリングやネックレス等の手作り体験もできます。


神戸の真珠産業の歴史を少しでも感じていただきながらお買い物していただければ幸いです。


当館には、真珠以外の神戸の地場産業である革製品加工の手作り体験ができる工房や、兵庫の地場産業であるマッチの歴史や手作り体験も出来る全国唯一のマッチ専門店もございます。


また、神戸にまつわるお土産等もとりそろえておりますので、ぜひお越しおいただき「神戸」を感じて下さい。


お待ちしております。